米国図書館協会(ALA)の情報技術政策局(OTIP)、3Dプリンターを図書館で提供する際の実践的アドバイスを公開

2016年5月4日、米国図書館協会(ALA)の情報技術政策局(OTIP)は、3Dプリンターを図書館サービスとして確立するにあたっての実践的なアドバイス(16のQ&A)をまとめた“Progress in the Making Librarians’ Practical 3D Printing Questions Answered”の報告書を公開しました。米国の3Dプリンターメーカーの3DPrint360社との共著となっています。

Progress in the Making Librarians’ Practical 3D Printing Questions Answered
http://www.ala.org/advocacy/sites/ala.org.advocacy/files/content/ALA_3D_Printing_Q__A_Final.pdf

ALA report provides practical advice about adopting 3D printers in libraries(ALA, 2016/5/4)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/05/ala-report-provides-practical-advice-about-adopting-3d-printers-libraries

関連:
3DPrint360
http://www.3dprint360.biz/

参考:
全米図書館協会(ALA)、図書館での3Dプリンターの活用に関するレポートを公開
Posted 2015年12月11日
http://current.ndl.go.jp/node/30192

米国図書館協会、図書館の視点から見た3Dプリントの政策検討に関するレポートを発表
Posted 2015年1月7日
http://current.ndl.go.jp/node/27757

米国図書館協会(ALA)、電子時代における図書館の重要な役割に関する国民の意識を高める啓発運動“Libraries Transform”キャンペーンを開始
Posted 2015年10月26日
http://current.ndl.go.jp/node/29769

E1704 - 米国図書館協会(ALA),図書館のための政策課題を発表
カレントアウェアネス-E No.287 2015.08.27
http://current.ndl.go.jp/e1704