米国議会図書館(LC)、長期保存のための推奨フォーマットのガイド”Recommended Formats Statement”を公開

2015年7月15日、米国議会図書館(LC)は、長期保存のための推奨フォーマットのガイド”Recommended Formats Statement”を公開しました。

これは、2014年6月に公開した”Recommended Format Specifications”の2015-2016年版です。

”Recommended Format Specifications”の公開以来、ニュージーランド国立図書館(NLNZ)、英国図書館(BL)などの国立図書館をはじめ、写真の専門家、Recording Industry Association of America(RIAA)などに至るまで、さまざまな方面から意見が寄せられました。それに基づき、静止画資料や録音資料に関する記述などを修正し、また文書のレイアウトやタイトルを変更しました。タイトルの変更は、この文書が技術仕様に関するものではなく、利用者のためのガイドであることを明確にするためとのことです。

Keeping Up With the Joneses: The New Recommended Formats Statement(LC, 2015/7/15)
http://blogs.loc.gov/digitalpreservation/2015/07/keeping-up-with-the-joneses-the-new-recommended-formats-statement/

Library of Congress Recommended Formats Statement 2015-2016(LC)
http://www.loc.gov/preservation/resources/rfs/TOC.html
http://www.loc.gov/preservation/resources/rfs/RFS%202015-2016.pdf
※PDFファイル

参考:
E1601 - 米国議会図書館が長期保存に適したフォーマット仕様を公開
カレントアウェアネス-E No.265 2014.08.28
http://current.ndl.go.jp/e1601

米国議会図書館(LC)、アナログ、デジタル両方の資料について、長期保存のための推奨フォーマット仕様を公開
Posted 2014年6月24日
http://current.ndl.go.jp/node/26420