【イベント】第41回RCLIP研究会 著作権者等不明の場合における強制許諾制度の比較法的考察(3/27・東京)

2015年3月27日、早稲田大学にて、早稲田大学 知的財産法制研究所(RCLIP)が主催する「第41回RCLIP研究会 著作権者等不明の場合における強制許諾制度の比較法的考察-カナダおよびイギリスとの制度比較から得られる日本法への示唆について-」が開催されます。報告者は今村哲也氏(明治大学情報コミュニケーション学部准教授)です。

研究会では、孤児著作物の問題に関して、日本の裁定制度の沿革と現行規定の運用状況を紹介したうえで、同様の制度を採用しているカナダおよび英国の法制度(運用面も含む)と比較し、その制度比較から得られる日本法への示唆について検討するとのことです。

参加費は無料とのことです。

第41回RCLIP研究会 著作権者等不明の場合における強制許諾制度の比較法的考察
http://www.rclip.jp/reservation/0327reservation.html

http://www.rclip.jp/PDF/20150327poster.pdf
※ポスター

参考:
文化庁、「諸外国における著作物等の利用円滑化方策に関する調査研究報告書」を刊行
Posted 2013年6月7日
http://current.ndl.go.jp/node/23678

CA1771 - 動向レビュー:EUにおける孤児著作物への対応 / 今村哲也
カレントアウェアネス No.312 2012年6月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1771