米国ウェストポート図書館がメイカースペースにロボットを導入(記事紹介)

2014年10月16日付けのThe Digital Shift誌の記事で、メイカースペースに新たにロボットを導入した米国コネチカット州ウェストポート図書館の取り組みが紹介されています。

記事によれば、導入されたのはフランスAldebaran Robotics社製のNAO Evolution robots2体で、それぞれVincentとNancyと名付けられています。プログラムを書き換えることで自由に歩かせたり躍らせる、話をさせることが可能で、プログラミング言語にはPythonを採用しています。デリケートなロボットであるため常にメイカースペースに置かれているわけではありませんが、メイカースペースで行われているプログラミングのクラスで採用される予定とのことです。

Westport Maker Space Expands with Robots, SolidWorks Courses, and Volunteer Training(The Digital Shift、2014/10/16付け)
http://www.thedigitalshift.com/2014/10/hardware-2/westport-maker-space-expands-robots-solidworks-courses-volunteer-training/

参考:
E1378 - 様々な創作活動を育む場所―メイカースペースを公共図書館に カレントアウェアネス-E No.229 2012.12.28
http://current.ndl.go.jp/e1378