公共図書館での電子書籍の配信プラットフォーム“JukePop”の活用に向けて、クラウドファンディングが開始(米国)

2014年9月27日のThe Digital Shift(School Library Journal)誌で、“JukePop”がその電子書籍の配信プラットフォームを公共図書館で活用するため、KichStartsというサービスを利用してクラウドファンディングを開始したと発表されています。

JukePopは作家が登録した電子書籍を利用者に1章ずつ配信し、利用者による評価で作家への報酬を決定する仕組みの電子書籍の配信プラットフォームとのことです。公共図書館において、自費出版の資料は重要なものでありながら、その提供には課題があったとのことです。JukePopは、クラウドファンディングで得た資金で、公共図書館に無料でプラットフォームを提供することで、この課題を解決を目指しているとのことです。

米国では、サンタクララ郡図書館で、JukePopを活用した試行が2014年4月から行われているとのことです。

Upgrade Your Local Library's Indie eBook Catalog (JukePop)(KichStarts)
https://www.kickstarter.com/projects/jerryfan/upgrade-your-local-librarys-indie-ebook-catalog

JukePop Opens Kickstarter to Get Indie Ebooks into Libraries(The Digital Shift, 2014/9/27)
http://www.thedigitalshift.com/2014/09/ebooks/jukepop-seeks-backers-get-indie-ebooks-libraries/

JukePop
https://www.jukepop.com/

Santa Clara (CA) County Library (SCCLD)
http://www.sccl.org/

http://www.sccl.org/browse/ebooks-and-downloads/episodic-fiction
※サンタクララ郡図書館でJukePopで提供されているコンテンツ

個人作家の電子書籍を図書館で無料配信するプラットフォーム「JukeBox」、米Kickstarter.comでクラウドファンディング中(hon.jp, 2014/9/29)
http://hon.jp/news/1.0/0/5874/

参考:
E1483 - 出版を志す人たちをサポートする公共図書館の諸活動
カレントアウェアネス-E No.245 2013.09.26
http://current.ndl.go.jp/e1483

米ダグラス郡図書館、Smashwordsから自費出版された電子書籍を1万点購入
Posted 2013年1月7日
http://current.ndl.go.jp/node/22655