カンザス大学図書館、ジョン・グールドの鳥類学のコレクションをデジタル化して公開

2014年8月27日、カンザス大学のブログで、同大学図書館が鳥類の図譜で有名なジョン・グールドのコレクションのデジタル化を完了し、公開したと発表されています。

グールドの作品は、1950年代にカンザス大学のKenneth Spencer Research Libraryのコレクションとなったとのことです。コレクションには、石版画として刊行された資料だけでなく、手書きの水彩による下書き2,000点以上の画像も含まれており、合計で6,000点の画像をデジタル化し、公開したとのことです。デジタル化の資金の一部は、全米人文学基金(National Endowment for the Humanities)からの助成によるとのことです。グールドは、1830年から1881年までの間に、縦22インチ横14インチの大型の図譜約47点を刊行したとのことです。公開された画像は、図譜の名称、画家、鳥種名等から検索できるとのことです。

KU Libraries digitize collection of world-famous bird illustrator John Gould's books, images(The University of Kansas, 2014/8/27)
http://news.ku.edu/2014/08/21/ku-libraries-digitizes-collection-world-famous-bird-illustrator-john-goulds-books-images

The John Gould Ornithological Collection
http://luna.ku.edu:8180/luna/servlet/kuluna01kui~19~19

関連:
鳥人・ジョン グールドの世界(玉川学園)
http://j-gould.tamagawa.jp/Japanese/index.html