Googleが「忘れられる権利」への対応 検索対象からの削除を進める

2014年7月3日付けのThe Hill紙オンライン版等で、Googleが2014年5月の欧州司法裁判所(Court of Justice)の裁定に従い、検索結果からのリンク削除作業を進めていることが報じられています。

The Hill紙によればGoogleはThe Guardian、BBC、Daily Mail等に対し、個人名が含まれている一部の記事をヨーロッパにおけるGoogleの検索結果から削除する旨を連絡したとのことです。各メディアが「忘れられる権利」とジャーナリズムに対する脅威の問題等として取り上げるとともに、検索結果から削除された記事内容の詳細も報じています。

なお、ヨーロッパ以外のGoogleからは検索可能であるとのことです。

News stories ‘forgotten’ from Google searches(The Hill、2014/7/3付け)
http://thehill.com/policy/technology/211268-news-stories-forgotten-from-google-searches

EU's right to be forgotten: Guardian articles have been hidden by Google(The Guardian、2014/7/2付け)
http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/jul/02/eu-right-to-be-forgotten-guardian-google

Why has Google cast me into oblivion?(BBC、2014/7/2付け)
http://www.bbc.com/news/business-28130581

Google deletes search results about millionaire banker blamed for causing financial crisis and referee who lied as 'right to be forgotten' kicks in on European searches(Mail Online、2014/7/2付け)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2678376/Google-deletes-MailOnline-searches-lying-referee-right-forgotten-kicks-European-searches.html

「忘れられる権利」の行使にグーグルがしっぺ返し(Newsweek日本版、2014/7/8付け)
http://www.newsweekjapan.jp/column/takiguchi/2014/07/post-861.php

参考:
E1572 - 「忘れられる権利」と消去権をめぐるEU司法裁判所の裁定 カレントアウェアネス-E No.261 2014.06.19
http://current.ndl.go.jp/e1572

EU司法裁判所、「忘れられる権利」を認める:Googleにリンク削除を求める判決
Posted 2014年5月15日
http://current.ndl.go.jp/node/26137