2014年の米国図書館協会(ALA)年次大会、参加者数が2万人を下回る

2014年の米国図書館協会(ALA)の年次大会が6月26日から7月1日にかけてラスベガスで開催されましたが、その参加者数等が発表されています。

それによると、参加者の合計は、18,626名(うち出展者は5,607名)であったとのことです。2013年のシカゴ大会では26,362名の参加があり、これよりも7,000人以上少ない数となっています。

2014 ALA Annual Conference & Exhibition - thousands of engaged attendees, lively programs and events(ALA, 2014/7/1付け)
http://www.ala.org/news/press-releases/2014/07/2014-ala-annual-conference-exhibition-thousands-engaged-attendees-lively

ALA Releases 2014 Annual Conference Attendance Figures; About 7,000 Fewer Attendees, 500 Fewer Exhibitors vs. 2013 in Chicago(infoDOCKET, 2014/7/1付け)
http://www.infodocket.com/2014/07/01/ala-releases-2014-annual-conference-attendance-figures-about-7000-fewer-attendees-500-fewer-exhibitors-vs-2013-in-chicago/

Past Annual Conferences, 1876-Present(ALA)
http://www.ala.org/conferencesevents/past/pastannualconferences
※過去データの掲載。最近10年間の開催地と参加者数は以下とのこと。
2013年 Chicago 26,362
2012年 Anaheim 20,134
2011年 New Orleans 20,186
2010年 Washington, DC 26,201
2009年 Chicago 22,762
2008年 Anaheim 22,047
2007年 Washington, DC 28,499
2006年 New Orleans 16,964
2005年 Chicago 27,962
2004年 Orlando 19,546
 
参考:
2014年米国図書館協会(ALA)年次大会が開催(6/26~7/1) Posted 2014年5月15日
http://current.ndl.go.jp/node/26139