図書館で昼寝を。ミシガン大学図書館が“昼寝ステーション”を試験導入

米国のミシガン大学図書館で、“昼寝ステーション”(Napping Stations)が試験的に導入されているそうです。この昼寝ステーションは、学部学生向けの図書館Shapiro Undergraduate Libraryの1階に設置され、折り畳み式の簡易ベッド、使い捨ての枕カバー、ロッカーなどが用意されているとのことです。また、睡眠障害の学業への悪影響の対策を考慮したもので、睡眠時間は30分までときめられているそうです。

このスペースの導入にあたっては、同大学の学生自治体(Central Student Government:CSG)が支援しており、CSGが教員や同大学の睡眠障害センター(Sleep Disoders Center)の協力を得るなどして実現したものとのことです。

New Napping Station Draws Media Interest(M Library News, 2014/5/8付け)
http://www.lib.umich.edu/news/new-napping-station-draws-media-interest

メディア;
CSG implements first napping station in UGLi(Michigan Daily, 2014/4/28付け)
http://www.michigandaily.com/news/csg-implements-first-napping-station-ugli
※写真あり。

U Michigan Libraries Open Nap Stations(Library Journal, 2014/5/8付け)
http://lj.libraryjournal.com/2014/05/academic-libraries/u-michigan-libraries-open-nap-stations/#_

‘Napping Stations’ at U. of Michigan Library Help Students Face Exams(Chronicle of Higher Education, 2014/5/6付け)
http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/napping-stations-at-u-of-michigan-library-help-students-face-exams/52483

University of Michigan's undergraduate library adds a "napping station"(Michigan Radio, 2014/5/1付け)
http://michiganradio.org/post/university-michigans-undergraduate-library-adds-napping-station

Michigan library opens nap station for students(Washington TImes, 2014/5/12付け)
http://www.washingtontimes.com/news/2014/may/12/michigan-library-opens-nap-station-for-students/

関連
The U-M Sleep Disorders Center
http://www.med.umich.edu/neuro/sleeplab/