米農務省、図書館や博物館に子ども向けの食事提供プログラムへの参加を呼びかけ

2014年4月25日、博物館・図書館サービス機構(IMLS)のブログに、図書館に向けて、米農務省による低所得者層の子ども向けの食事提供プログラム(Summer Food Service Program: SFSP))への参加を呼びかけるウェブセミナーの開催についての記事が掲載されています。

このプログラム(SFSP)は、農務省により毎年行われているもので、学校が終わって夏休みに入り、学校での無料のあるいは安価な食事の提供を受けられず、飢えに苦しむ子供を救うためのものとのことです。対象の16%の子どもしかこのプログラムの提供を受けられていないため、図書館に協力が呼びかけられているようです。

Libraries and Museums Can Help Feed Children This Summer(UpNext: The IMLS Blog, 2014/4/11付)
http://blog.imls.gov/?p=4765

Summer Food Service Program (SFSP)(USDA)
http://www.fns.usda.gov/sfsp/summer-food-service-program-sfsp

参考:
E1448 - 公共図書館が子どもにランチを提供 夏の読書プログラムで
カレントアウェアネス-E No.240 2013.07.11
http://current.ndl.go.jp/e1448