Baker and Taylor社、根拠に基づく選書を支援する“Evidence-based Selection Planning”を開始

Baker and Taylor社が、2014年3月19日、図書館の根拠に基づく選書を支援する
“Evidence-based Selection Planning”(ESP)の開始についてアナウンスしています。同社が2011年に買収したcollectionHQのデータ分析技術を援用し、同社のTitle Source 360(旧・Title Source 3)と統合した意思決定支援システムを公共図書館向けに提供するようです。

パイロットプログラムにはPhoenix Public Library (アリゾナ州)とNaperville Public Library(イリノイ州)が参加していたようです。

Baker and Taylor and collectionHQ Launch ESP – Evidence-based Selection Planning(Library Technology Guide, 2014/3/19付け)
http://www.librarytechnology.org/ltg-displaytext.pl?RC=19034

TS360
http://www.btol.com/ts360.cfm

参考:
E1506 - 米国大学図書館における電子書籍と冊子体の価格差調査
カレントアウェアネス-E No.249 2013.11.21
http://current.ndl.go.jp/e1506