博物館・図書館サービス機構(IMLS)、“21st Century Librarian Program”の評価レポートを公表(米国)

2014年1月17日、米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、図書館情報学専門家養成等のため助成プログラム“Laura Bush 21st Century Librarian Program”(LB21)の評価レポートの公開をアナウンスしています。この評価レポートはICF Internationalにより独立的に実施されIMLSに提出されたもので、LB21の短期的・長期的影響を評価することを目的に、2003年から2009年の間の助成事業(109件)にフォーカスして調査を行った結果をまとめたもののようです。

レポートは本編(VolumeI, 180ページ)、付録(VolumeII, 88ページ)から構成されています。

Results Released: Assessment of the Laura Bush 21st Century Librarian Program(IMLS, 2014/1/17付け)
http://www.imls.gov/results_released_assessment_of_the_laura_bush_21st_century_librarian_program.aspx

Laura Bush 21st Century Librarian Program Evaluation
http://www.imls.gov/research/lb21_evaluation.aspx
※レポート掲載ページ

Volume I: Laura Bush 21st Century Grant Program Evaluation (Grant Years 2003–2009)
http://www.imls.gov/assets/1/AssetManager/LB21%20Evaluation%20Report.pdf
※PDF, 180ページ

Volume II (appendices): Laura Bush 21st Century Grant Program Evaluation (Grant Years 2003–2009)
http://www.imls.gov/assets/1/AssetManager/LB21%20Evaluation%20Appendices.pdf
※PDF, 88ページ

参考:
E875 - ファーストライブラリアン,ローラ・ブッシュ夫人の8年 カレントアウェアネス-E No.142 2009.01.21
http://current.ndl.go.jp/e875