「社史への招待-ただ重いだけではない-」: 一橋大学附属図書館が社史に関する常設展示をスタート

一橋大学附属図書館が、2013年12月17日から、常設展示として「社史への招待-ただ重いだけではない-」を開始しました。2013年末をもって閉室したイノベーション研究センター資料室(前身:産業経営研究所)の旧蔵資料を中心に、特色ある社史を紹介するとのことです。

なお、展示パンフレットでは、社史の歴史、社史の資料的意義、展示資料、社史に関する/社史を用いたおもな研究文献・著作が紹介されています。

常設展示 社史への招待-ただ重いだけではない-
http://www.lib.hit-u.ac.jp/pr/tenji/jousetsu/2013/hoc.html

展示パンフレット(常設展示 図書館所蔵コレクション紹介   社史への招待 ―ただ重いだけではない―)
http://www.lib.hit-u.ac.jp/pr/tenji/jousetsu/2013/pamphlet_hoc.pdf

参考:
CA1803 - 動向レビュー:社史の世界 / 熊谷尚子 カレントアウェアネス No.317 2013年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1803