ライブラリアンのコアコンピテンシーとデジタル人文学(文献紹介)

2013年9月6日のThe Journal of Creative Library Practiceに、論文“Keeping the “L” in Digital: Applying LIS Core Competencies to Digital Humanities Work”が掲載されています。執筆者は、サウスカロライナ大学ランカスター校の図書館員Kaetrena Davis Kendrick氏です。

この論文では、米国図書館協会の定めるコアコンピテンシーとデジタル人文学プロジェクトの特徴をレビューし、それを踏まえ、エロン大学における韓国のポピュラーカルチャーに関するデジタル人文学プロジェクトを実例として取り上げています。最後に、コアコンピテンシーとデジタル人文学が密接にかかわるものであること結論しています。

Keeping the “L” in Digital: Applying LIS Core Competencies to Digital Humanities Work (The Journal of Creative Library Practice)
http://creativelibrarypractice.org/2013/09/06/keeping-the-l-in-digital-applying-lis-core-competencies-to-digital-humanities-work/

POST: Keeping the “L” in Digital: Applying LIS Core Competencies to Digital Humanities Work (dh+lib 2013/9/10付けの記事)
http://acrl.ala.org/dh/2013/09/10/post-keeping-the-l-in-digital-applying-lis-core-competencies-to-digital-humanities-work/

参考:
E1409 - 特集“図書館におけるデジタル人文学”<文献紹介>
http://current.ndl.go.jp/e1409