英国下院のBIS委員会、ゴールドOA偏重路線に再考を促すリポートを公表

英国下院に設置されたビジネス・イノベーション・技能委員会(Business, Innovation and Skills Committee: BIS committee)が、ゴールドOAに偏重した路線に再考を促すリポート“Open Access”を公表しています。全面的なオープンアクセスの達成に向けた政府の姿勢を評価し、またゴールドOAは望ましい究極の目標だとしつつも、5年間の移行期間中にゴールドOAに偏重するのは誤りだとの指摘がなされているようです。

レポートの「結論と提言」部分(31ページ~)では、政府や英国研究会議(RCUK)に対する提言などが示されています。

Government mistaken in focusing on Gold as route to full open access, says Committee (2013/9/10付け)
http://www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/business-innovation-and-skills/news/on-publ-open-access/

Open Access(リポート本体)
http://www.publications.parliament.uk/pa/cm201314/cmselect/cmbis/99/99.pdf

UK open-access route too costly, report says(nature, 2013/9/10付け)
http://www.nature.com/news/uk-open-access-route-too-costly-report-says-1.13705

英国:下院BIS委員会、政府・RCUKにGold OA優先政策の見直しを要求(情報管理ウェブ, 2013/9/10付け)
http://johokanri.jp/stiupdates/policy/2013/09/008955.html

参考:
E1381 - 効率的なAPCの管理のために“仲介者”の果たしうる役割は?カレントアウェアネス-E No.229 2012.12.28
http://current.ndl.go.jp/e1381