テキストからキータームを抽出しDPLA、Europeana、Flickr Commonsから類似結果を返すウェブアプリ“Serendip-o-matic”

2013年7月28日から8月3日まで、1週間に1つの学術ツールを作るデジタル人文学イベント“One Week | One Tool”が、ジョージメイソン大学ロイ・ローゼンツヴァイク歴史とニューメディアセンターの主催で開催され、そこで作成された“Serendip-o-matic”というウェブアプリケーションが8月2日に発表されました。

“Serendip-o-matic”は、記事や、歌の歌詞、文献目録等のあらゆるテキストからキータームを抽出し、米国デジタル公共図書館(DPLA)、Europeana、Flickr Commonsにあるコレクションの中から類似のものを返してくれるツールです。これにより、利用者自身が今まで気づかなかった新たなつながりを発見できるとのことです。

SERENDIP-O-MATIC
http://serendipomatic.org/

One Week | One Tool
http://oneweekonetool.org/

One Week | One Tool Team Launches Serendip-o-matic (Roy ROsenzweig Center for History and New Media 2013/8/2付けの記事)
http://chnm.gmu.edu/news/one-week-one-tool-team-launches-serendip-o-matic/

Europeana API used in One Week | One Tool's Serendip-o-matic! (Europeana Professional 2013/8/5付けの記事)
http://pro.europeana.eu/web/guest/pro-blog/-/blogs/europeana-api-used-in-one-week-%7C-one-tool-s-serendip-o-matic%21

One Week | One Tool: Introducing Serendip-o-matic (Chronicle of Higher Education 2013/8/)
http://chronicle.com/blogs/profhacker/one-week-one-tool-introducing-serendip-o-matic/51449

参考:
ブログコンテンツを取り込んで編集し、電子書籍形式に変換する“Anthologize”
http://current.ndl.go.jp/node/16612