ノースカロライナ州立大学、自動書庫とデジタルブラウジングを兼ね備えた新館を開館

2013年1月4日、ノースカロライナ州立大学がこれまで建設中だったJames B. Hunt Jr. Libraryを開館しました。

この図書館には“bookBot”という自動書庫システムが備えられており、18,000個以上のコンテナに150万冊の図書が格納されています。これにより通常の1/9のスペースで最大200万冊の図書を所蔵できるとのことです。そして、4台のロボットを使い、OPACを通じて依頼のあった図書を数分で出納することが可能ととされています。この省スペース化により、同館には100近くのグループ学習室や2つのラーニングコモンズ等の(共同)学習環境が設置できたとされています。

また、書架のブラウジングによる“偶然の発見”を自動書庫でも実現するために、“Virtual Browse”という機能が備えられています。これは、利用者が求める資料と関連した資料(電子書籍を含む)を検索結果に表示させるもので、これを通じて、資料のタイトルや中身等をオンラインで調べることができます。また、同館の資料に限らず、Triangle Research Libraries Network等の図書館ネットワークの資料等の取り寄せにも対応しているとのことです。

新館開館にあたり同館では、“My #HuntLibrary”という写真コンテストを開催しており、この企画のページでは投稿された同館の様々な写真を見ることができます。

The James B. Hunt Jr. Library
http://www.lib.ncsu.edu/huntlibrary

Hunt Library: bookBot
http://www.lib.ncsu.edu/huntlibrary/bookBot

My #HuntLibrary
http://d.lib.ncsu.edu/myhuntlibrary

Show the World Your New Library and Win an iPad Mini (NCSU Libraries News 2013/1/2付けの記事)
http://news.lib.ncsu.edu/2013/01/02/show-the-world-your-new-library-and-win-an-ipad-mini/

Book robot among features at new NC State library (SFGate 2013/1/6付けの記事)
http://www.sfgate.com/news/article/Book-robot-among-features-at-new-NC-State-library-4170839.php

The "bookBot" invades the library (Seattlepi.com 2013/1/8付けの記事)
http://blog.seattlepi.com/bookpatrol/2013/01/08/the-bookbot-invades-the-library/