Beyond Accessが“図書館の革新者たち”にスポットライト、1回目はリカルド・ラゴス氏(元チリ共和国大統領)

公共図書館を通じた経済・社会的発展を目指すプロジェクト"Beyond Access"のウェブサイトで、図書館の革新者たちにスポットライトをあてるシリーズが始まったようです。

第1回目として、元チリ共和国大統領であるリカルド・ラゴス氏へのインタビューが掲載されています。インタビューにおいてラゴス氏は、図書館の伝統的な役割は、図書を提供するというものだが、それは過去のことであり、今は、コミュニティが世界の他の地域とつながることのできるシステムである、と述べています。

Library Innovator Spotlight: Ricardo Lagos(Beyond Access 2012/12/12付け)
http://www.beyondaccess.net/2012/12/12/library-innovator-spotlight-ricardo-lagos/

参考
国際開発における公共図書館の役割を再発見する国際カンファレンス、10月3日ワシントンD.C.で開催 Posted 2012年9月11日
http://current.ndl.go.jp/node/21800