大手出版社の米ランダムハウスと英ペンギングループが合併へ

2012年10月29日、英ピアソンおよび独ベルテルスマンが、各社の出版部門であるペンギングループおよびランダムハウスの合併を発表しました。2013年後半に新会社「ペンギンランダムハウス(Penguin Random House)」が誕生する見込みです。合併の理由としてデジタル化への対応などが挙げられています。

ペンギングループとランダムハウスは、米国で「ビッグ6」と呼ばれる大手出版社グループの一角を占めています。2011年の売上および営業利益は、ランダムハウスが17億ユーロと1億8500万ユーロ、ペンギングループが10億ポンドと1億1,100万ポンドとなっており、合併によって世界最大の出版社が誕生するとされています。新会社の株式はベルテルスマンが53%、ピアソンが47%を所有するということです。

Pearson and Bertelsmann agree consumer publishing partnership: Penguin and Random House to combine, creating the world's leading trade publisher(Pearson 2012/10/29付けニュース)
http://www.pearson.com/news/2012/october/pearson-and-bertelsmann-agree-consumer-publishing-partnership--p.html

米ランダムハウスと英ペンギン合併、出版世界最大手へ。デジタル化に対応(Engadget Japanese 2012/10/30付け記事)
http://japanese.engadget.com/2012/10/29/penguin-random-house/