OCLC Research、ボーンデジタル資料の保存に向けて協同の必要性を説くレポート公開

ボーンデジタル資料の取扱い方に関するリポート“You’ve Got to Walk Before You Can Run: First Steps for Managing Born-Digital Content Received on Physical Media”を公開していたOCLC Researchが、このシリーズの第2段となるレポート“Swatting the Long Tail of Digital Media: A Call for Collaboration”を公表しています。今後数カ月の間に第3段以降も公表されるとのことです。

記録媒体の多様性や、既存データをより安定的な媒体への変換する必要性を指摘した上で、その役割を担う主体として“SWAT”(software and workstations for antiquated technology) サイトの必要性を提議しています。

Ref.
New Report: "Swatting the Long Tail of Digital Media: A Call for Collaboration"(OCLC Research 2012/9/11付けニュース)
http://oclc.org/research/news/2012/09-11.html

記事本体
http://oclc.org/content/dam/research/publications/library/2012/2012-08.pdf

記事掲載サイト
http://oclc.org/research/publications/library/2012/2012-06r.html

参考
OCLC Research、ボーンデジタル資料の取扱いをどうしたらよいかわからない担当者のためのリポートを公開 Posted 2012年8月24日
http://current.ndl.go.jp/node/21683