ポリシーの違いを超えてWorldCat由来のメタデータをEuropeanaに提供するために、OCLCとEuropeanaが協力合意を発表

OCLCのWorldCat Rights and Responsibilitiesと、EuropeanaのData Exchange Agreement(Europeanaのメタデータはすべてパブリックドメインに)という2つのポリシーの違いのために、OCLCの参加機関がWorldCat由来のメタデータをEuropeanaに提供することについては以前から問題が指摘されていました。

このたび、OCLCとEuropeanaが適切なメタデータ提供の実現のために協力を行うと発表されました。具体的には、OCLCはEuropeanaに対して次の2点を要求し、Europeanaはそれを受け入れたということです。(1)Europenaは、WorldCat由来のメタデータを使用する者に対して、その提供機関とOCLCの両方を提供元として明示させること。(2)Europeanaは、使用者に対してWorldCat Rights and Responsibilitiesを周知すること。

Europeana and OCLC agree on approach for member libraries to contribute metadata to the Europeana.eu portal(OCLC 2012/9/4付けニュース)
http://www.oclc.org/news/releases/2012/201257.htm

参考:
E1230 - Europeana,デジタル文化資源のメタデータを自由利用へ
http://current.ndl.go.jp/e1230

OCLC Research、Europeanaのメタデータの質的向上プロジェクトに協力
http://current.ndl.go.jp/node/21658

Linked Open DataによるWorldCatデータ公開に向けたOCLCの取組(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/20681

Europeana、“data.europeana.eu”の240万件のメタデータをLinked Open Dataとしてパブリックドメインライセンスで公開
http://current.ndl.go.jp/node/20196

OCLC、スウェーデン王立図書館との交渉決裂についてコメントを発表
http://current.ndl.go.jp/node/19818

スウェーデン王立図書館がOCLCの総合目録WorldCatへの参加を見送り 理由は書誌データ利用ポリシーの不一致
http://current.ndl.go.jp/node/19802