歴史資料ネットワーク(史料ネット)のウェブサイトがリニューアル

2012年7月1日に歴史資料ネットワーク(史料ネット)のウェブサイトがリニューアルされました。史料ネットは、1995年2月に、阪神・淡路大震災で被災した歴史資料の保全を進めるために関西の歴史学会関係者、大学院生、博物館、文書館、図書館関係者、郷土史研究者などにより結成されたものです。東日本大震災の復興支援においても様々な活動を行っています。

歴史資料ネットワーク
http://siryo-net.jp/

サイトをリニューアルしました(歴史資料ネットワーク 2012/7/1付けお知らせ)
http://siryo-net.jp/info/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%92%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

歴史資料ネットワーク(史料ネット)旧ホームページのアーカイブ
http://siryo-net.jp/pub/archives/website/welcome_20120529.html

参考:
CA1743 - 被災資料を救う:阪神・淡路大震災からの歴史資料ネットワークの活動 / 川内淳史
http://current.ndl.go.jp/ca1743

歴史資料ネットワーク、文献リスト「東日本大震災被災資料レスキュー関係論文等」を公開
http://current.ndl.go.jp/node/19673

歴史資料ネットワーク、宮城県農業高等学校での資料レスキューボランティアを募集中
http://current.ndl.go.jp/node/18250

歴史資料ネットワーク、文化財レスキュー活動のため被災地へ
http://current.ndl.go.jp/node/18070

歴史資料ネットワーク、被災地域での歴史資料保全についてのお願いを発表
http://current.ndl.go.jp/node/17825