Googleブックス訴訟、原告側のクラスアクション(集合代表訴訟)を認める判断が示される

2012年5月31日、いわゆるGoogleブックス訴訟について、米国ニューヨーク南地区連邦地方裁判所のチン(Denny Chin)判事が、Authors Guild等の著作者団体がクラスアクション(集合代表訴訟)を起こすことを認めるという判断を示しました。2005年に開始した同訴訟については、2011年3月に裁判所によって修正和解案が却下された後、2011年12月に原告・被告の双方からクラスアクションの適切性に関する文書が提出されていました。

「Google Books」訴訟、判事が集団訴訟を認める裁定(CNET Japan 2012/6/1付け記事)
http://japan.cnet.com/news/business/35017675/

Google Book Search裁判:「作家団体が原告団に残ることに問題はない」――判事がGoogle側の要請を却下(eBook USER 2012/6/1付け記事)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/01/news053.html

Judge gives OK to authors, photographers to sue Google over book scanning (Updated)(paidContent 2012/5/31付け記事)
http://paidcontent.org/2012/05/31/breaking-judge-gives-ok-to-authors-photographers-to-sue-google-over-book-scanning/

Authors win class status over Google digital books(Reuters 2012/5/31付け記事)
http://www.reuters.com/article/2012/05/31/us-google-books-idUSBRE84U1BH20120531

参考:
CA1702 - 動向レビュー:Google Book Searchクラスアクション(集合代表訴訟)和解の動向とわが国の著作権制度の課題 / 鳥澤孝之
http://current.ndl.go.jp/ca1702

E1162 - Googleブックス訴訟,米国連邦地裁は修正和解案を認めず
http://current.ndl.go.jp/e1162

Googleブックスをめぐる訴訟、再開に向けた動きが始まる
http://current.ndl.go.jp/node/19836