EBSCO Discovery Service、Summon、Google Scholar、図書館オンラインカタログの検索性能比較(文献紹介)

College and Research Libraries誌に、“Paths of Discovery: Comparing the Search effectiveness of EBSCO Discovery Service, Summon, Google Scholar, and Conventional Library Resources”というプレプリントが掲載されています。これは、2011年に、米国のバックネル大学やイリノイ・ウェスレヤン大学で、EBSCO Discovery ServiceやSummonといった商用ディスカバリサービス、Google Scholar、図書館の伝統的なオンラインカタログやデータベースの性能比較を行った結果をまとめたものです。

Paths of Discovery: Comparing the Search effectiveness of EBSCO Discovery Service, Summon, Google Scholar, and Conventional Library Resources
http://crl.acrl.org/content/early/2012/05/07/crl-374.short

参考:
CA1727 - 動向レビュー:ディスカバリ・インターフェース(次世代OPAC)の実装と今後の展望 / 片岡 真
http://current.ndl.go.jp/ca1727

4種類のディスカバリインタフェース製品の導入館レビュー(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/19733