欧州APARSEN、研究データの質的保証に関する報告書を公表

EUのプロジェクトである“Alliance for Permanent Access to the Records of Science Network”(APARSEN)が、2012年4月30日付けで、“Report on Peer Review of Research Data in Scholarly Communication”と題した報告書を公表しました。APARSENの主要な関心は、質が保証された研究データを信頼できるリポジトリに搭載して永続的なアクセスを確保すること等にあるようです。今回のレポートは、研究データの質の保証に関係するアイディアや進展、議論の動向などをまとめたものとされています。

Report on Peer Review of Research Data in Scholarly Communication(PDF:41ページ)
http://www.alliancepermanentaccess.org/wp-content/uploads/downloads/2012/04/APARSEN-REP-D33_1A-01-1_0.pdf

Report on Peer Review of Research Data in Scholarly Communication(Digital Koans 2012/5/2付け記事)
http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2012/05/02/report-on-peer-review-of-research-data-in-scholarly-communication/

About APARSEN
http://www.alliancepermanentaccess.org/index.php/aparsen/

APA
http://www.alliancepermanentaccess.org/

参考:
E1251 - 欧州4か国の研究データ管理の現状と課題に関する報告書
http://current.ndl.go.jp/e1251

E903 - 研究データを国家レベルで共有するサービスの可能性は?(英国)
http://current.ndl.go.jp/e903