米カリフォルニア大学の「バークレー電子図書館著作権プロジェクト」が第3弾の白書を刊行 テーマは孤児著作物問題の原因

米国カリフォルニア大学バークレー校の「バークレー電子図書館著作権プロジェクト」(Berkeley Digital Library Copyright Project)が、シリーズ刊行している白書の第3弾として“Orphan Works: Causes of the Problem”を公開しました。このたび公開された白書では、孤児著作物問題(Orpahn Works Problem)の原因について検証しています。

David R. Hansen, Orphan Works: Causes of the Problem (Berkeley Digital Library Copyright Project, White Paper No. 3, 2012)
http://ssrn.com/abstract=2038068

New from Berkeley Digital Library Copyright Project: Third White Paper on Causes of the Orphan Works Problem (INFOdocekt 2012/4/11付けの記事)
http://www.infodocket.com/2012/04/11/new-from-berkeley-digital-library-copyright-project-third-white-paper-on-causes-of-the-orphan-works-problem/

参考:
米カリフォルニア大学の「バークレー電子図書館著作権プロジェクト」が第二弾の白書を刊行 テーマは孤児著作物問題解決策の検証
http://current.ndl.go.jp/node/20380

E1256 - 孤児著作物に関する問題:その定義と規模について
http://current.ndl.go.jp/e1256