2011~2012年の図書館システム市場の動向は?(米国)

米国のThe Digital Shift誌に、2012年3月29日付けで、ヴァンダービルト大学のブリーディング(Marshall Breeding)氏による毎年恒例の図書館システム市場動向調査レポート“Automation Marketplace”2012年版が掲載されています。レポートのサブタイトルは“Agents of Change”(変化の担い手)となっており、クラウド型図書館システムやディスカバリインタフェースの話題が中心的に取り上げられています。調査結果のデータもあわせて公開されています。

Automation Marketplace 2012: Agents of Change(The Digital Shift 2012/3/29付け記事)
http://www.thedigitalshift.com/2012/03/ils/automation-marketplace-2012-agents-of-change/

Automation Marketplace 2012: The Complete Survey Data(The Digital Shift 2012/3/29付け記事)
http://www.thedigitalshift.com/2012/03/ils/automation-marketplace-2012-the-complete-survey-data/

Library Technology Guides(ブリーディング氏のサイト)
http://librarytechnology.org/

参考:
E1169 - 2010~2011年の図書館システムの市場動向は?(米国)
http://current.ndl.go.jp/e1169

図書館システムの競争が激化?:2010~2011年の市場動向(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/17955

2008~2009年の図書館システム市場の動向は?(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/12821