米カリフォルニア大学の「バークレー電子図書館著作権プロジェクト」が第二弾の白書を刊行 テーマは孤児著作物問題解決策の検証

米国カリフォルニア大学バークレー校における「バークレー電子図書館著作権プロジェクト」(Berkeley Digital Library Copyright Project)が、シリーズ刊行している白書の第二弾として“Orphan Works: Mapping the Possible Solution Spaces”を公開したようです。第二弾の白書は、孤児著作物(orphan works)問題で提案されている様々な解決策について、それぞれの長所と短所を検証したものとなっているようです。

David R. Hansen. Orphan Works: Mapping the Possible Solution Spaces (Berkeley Digital Library Copyright Project, White Paper No. 2, 2012).
http://ssrn.com/abstract=2019121.

Digital Library Copyright Project
http://www.law.berkeley.edu/12040.htm

Second White Paper on Orphan Works, Berkeley Digital Library Copyright Project (Arrow 2012/3/13付けの記事)
http://www.arrow-net.eu/news/second-white-paper-orphan-works-berkeley-digital-library-copyright-project.html

参考:
E1256 - 孤児著作物に関する問題:その定義と規模について
http://current.ndl.go.jp/e1256