OCLCのウェブスケール図書館システム“WorldShare Management Services”用のAPIが利用可能に

OCLCが、ウェブスケール図書館システム“WorldShare Management Services”(WMS)等における以下の6つの新しいAPI(Web Service)が利用可能になったと発表し、それぞれのAPIの方式や返り値の形式等の仕様についても公開しています。OCLCの製品を何かしら契約している図書館は、これまで制限があったWorldCat Search APIを含めて計20以上のAPI全てを利用できるとされています。

・WMS Acquisitions API(発注データの取得・作成・更新・削除等)
・WMS Circulation API(貸出中資料の一覧の取得)
・WMS Collection Management API(所蔵データの取得・作成・更新・削除等)
・WMS Vendor Information Center API(ベンダ情報の取得)
・WMS NCIP Service(NCIPによる貸出状況の取得や予約処理)
・WorldCat knowledge base API(契約中の電子リソースに関する情報の取得)

Web Services一覧(OCLC Developer Network)
http://www.oclc.org/developer/webservices

WorldShare Web services cheat sheet (PDF:2ページ)
http://www.oclc.org/developer/sites/default/files/handouts/214045USB_worldsharewebservices.pdf

Six new Web services available through the OCLC WorldShare Platform (OCLC Developer Network 2012/2/2付けニュース)
http://www.oclc.org/developer/news/six-new-web-services-available-through-oclc-worldshare-platform

参考:
E1250 - OCLCが新しいブランド“WorldShare”を発表
http://current.ndl.go.jp/e1250

OCLCが電子リソース管理サービス“WorldShare License Manager”を発表
http://current.ndl.go.jp/node/19937