BioMed CentralとBGI、論文とデータセットを合わせて公開できるオープンアクセス誌“GigaScience”を創刊

英国のBioMed Centralと中国のBGI(旧名:Beijing Genomics Institute)が共同で、生命・生物医学分野を対象とした“GigaScience”というオープンアクセスジャーナルを創刊し、現在投稿を受け付けているようです。同誌の特徴は、従来の形式の論文とデータセットを合わせて公開できるという点にあるようです。各論文はオランダ国立図書館の“e-Depot”でただちにアーカイブされ、データセットはDOIが付与された後に“GigaDB”というデータベースに登録され、クリエイティブコモンズのCC0ライセンス(パブリックドメイン)で公開されるようです。

GigaScience
http://www.gigasciencejournal.com/

GigaScience – a repository for large datasets (BioMed Central Blog 2011/11/23付け記事)
http://blogs.openaccesscentral.com/blogs/bmcblog/entry/gigascience_a_repository_for_large

GigaDB
http://gigadb.org/

E. coli (GigaDBに登録されたデータセットの例。右下に"Data analysis"としてデータ分析論文へのリンクあり)
http://dx.doi.org/10.5524/100001

GigaBlog
http://blogs.openaccesscentral.com/blogs/gigablog/

GigaScience: data and beta-database launch. Announcing GigaDB (SlideShare)
http://www.slideshare.net/GigaScience/gigascience-data-and-betadatabase-launch-announcing-gigadb

英中: BMCとBGI、データベースとジャーナルを統合した"GigaScience"を共同発刊(情報管理STI Updates 2011/11/25付け記事)
http://johokanri.jp/stiupdates/policy/2011/11/006644.html