欧州の国立図書館がEuropeanaに提供している全メタデータがパブリックドメインに

2011年9月28日付けの欧州国立図書館長会議(CENL)のプレスリリースによると、デンマーク王立図書館で開催された会議において、 CENLに参加している49の国立図書館のデータに関してオープンなライセンシングを支持することが決定されたそうです。その結果として、まず、各国立図書館が欧州のデジタル文化資源ポータル“Europeana”に提供している全てのメタデータがクリエイティブコモンズのCC0ライセンス(パブリックドメイン)になるそうです。

Europe's national librarians support Open Data licensing (PDF:3ページ)
http://www.theeuropeanlibrary.org/portal/organisation/press/documents/CENL%20adopts%20CC0.pdf

CENL and EUscreen sign up for CC0 (LIBER 2011/9/29付けニュース)
http://www.libereurope.eu/news/cenl-and-euscreen-sign-up-for-cc0

Europeana adopts new data exchange agreement, all metadata to be published under CC0 (Creative Commons 2011/9/22付けニュース)
http://creativecommons.org/weblog/entry/29133

Europe’s national librarians support opening up their data via CC0 (Creative Commons 2011/10/4付けニュース)
http://creativecommons.org/weblog/entry/29386

Data Exchange Agreement (Europeana)
http://www.version1.europeana.eu/web/europeana-project/newagreement

CENL
http://web3.nlib.ee/cenl/

参考:
米Creative Commons、「著作権なし」のためのライセンスを策定
http://current.ndl.go.jp/node/12150

E1148 - Europeana,2011-2015年の戦略計画を公表
http://current.ndl.go.jp/e1148

E1176 - 欧州図書館,2010年度の年次報告を公開
http://current.ndl.go.jp/e1176