オープンソースの図書館システム“Evergreen”が5周年 導入実績は米国・カナダを中心に1,000館超

オープンソースの図書館システム“Evergreen”が5周年を迎えました。ファーストユーザである米ジョージア州の公共図書館コンソーシアムPINESがEvergreenを導入したのが2006年9月6日だったそうです。現在の導入館は1,006を数えています。Evergreenのサイトやブログによると、これまでに、米国、カナダ、オーストラリア、グルジア共和国(“United Georgian Catalog”)で採用されており、2012年には欧州の少なくとも3か国で導入される予定とのことです。

Evergreen turns 5 and reaches 1,000 Libraries (Library Technology Guide 2011/9/8付け記事)
http://www.librarytechnology.org/ltg-displaytext.pl?RC=16025

Evergreen at 5 (evergreen-ils blog 2011/9/8付け記事)
http://evergreen-ils.org/blog/?p=646

Evergreen Libraries (導入館を示す地図)
http://evergreen-ils.org/dokuwiki/doku.php?id=evergreen_libraries

参考:
E959 - 開発者が語る “Koha”の10年<文献紹介>
http://current.ndl.go.jp/e959

オープンソース図書館システム「Evergreen」の開発チーム、Equinox Software社設立
http://current.ndl.go.jp/node/5707

自家製図書館システム『Evergreen』(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/5092

OSSの図書館システムEvergreen
http://current.ndl.go.jp/node/4086