ハーバード大学図書館長が「全米デジタル図書館」構想について語るインタビュー

2010年にハーバード大学図書館長のダーントン(Robert Darnton)氏が発表した「全米デジタル公共図書館」(Digital Public Library of America:DPLA)という構想に関するインタビューが米Boston.com紙に掲載されています。ダーントン氏が「このプロジェクトを開始したきっかけは?」「DPLAはどんな姿をしていて何をしてくれるものですか?」「(DPLAには)ライブラリアンを置くんですか?」など12の質問に答えています。

A bookshelf the size of the world (Boston.com 2011/7/24付け記事)
http://articles.boston.com/2011-07-24/bostonglobe/29810463_1_google-books-robert-darnton-digitization

参考:
「米国デジタル公共図書館」のプロジェクトWikiが開設
http://current.ndl.go.jp/node/17630

米国ハーバード大学、「米国デジタル公共図書館」設立に向けた活動開始
http://current.ndl.go.jp/node/17274

E1105 - ハーバード大学図書館長,「全米デジタル図書館」を語る
http://current.ndl.go.jp/e1105