メタデータ共有に向けたプロジェクト“Discovery”の現状(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)や英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)等によるプロジェクト“Discovery”では、文化機関や研究機関等のメタデータの共有に向けて、2011年5月にオープンメタデータ原則(Discovery Open Metadata Principles)を制定し、これまでに10以上の機関・団体が署名しているようです。7月11日には、JISCが、大学、図書館、博物館・美術館、文書館等に対し、この原則に署名するよう呼びかけを行っています。また、オープンデータを活用したアプリケーション等のコンテストも実施されているようです。

Discovery
http://discovery.ac.uk/

Discovery Open Metadata Principles(オープンメタデータ原則)
http://discovery.ac.uk/businesscase/principles/

Celebrate Liberation – A worldwide competition for open software developers & open data(コンテストについて)
http://discovery.ac.uk/developers/competition/

JISC calls for all metadata to be openly accessible(JISC 2011/7/1付けのニュース)
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2011/07/openmetadata.aspx

JISC and Other UK Organizations Call For All UK Metadata to Be Openly Accessible(INFOdocket 2011/7/12付けの記事)
http://infodocket.com/2011/07/12/jisc-and-other-uk-organizations-call-for-all-uk-metadata-to-be-openly-accessible/

参考:
E1067 - JISC等による博物館・文書館・図書館のメタデータの共有計画
http://current.ndl.go.jp/e1067