OCRによって作成されたテキストの修正作業をゲームで行うプロジェクト(フィンランド)

フィンランド国立図書館が、“Digitalkoot”という資料デジタル化事業支援のプログラムを公開したようです。この“Digitalkoot”は、デジタル資料から「光学式文字読取装置」(Optical Character Reader:OCR)によって作成されたテキストの誤りを修正する作業を手分けして行うことを目的としたもので、“Digitalkoot”では、モグラたたき等のゲームを通じて、その作業を幅広い利用者が行えるようになっているようです。

Digitalkoot
http://www.digitalkoot.fi/en/splash

National Library of Finland Turns to Crowdsourcing, Games to Help Digitize Its Archives (2011/2/8付け Read Write Webの記事)
http://www.readwriteweb.com/archives/national_library_of_finland_turns_to_crowdsourcing.php

参考:
CA1718 - 動向レビュー:電子化の現場からみたOCRの動向 / denshikA
http://current.ndl.go.jp/ca1718