米国議会図書館、マサチューセッツ工科大学図書館等のオープンアクセスツール開発プロジェクトに資金援助

マサチューセッツ工科大学(MIT)図書館が、MIT Computer Science and Artificial Intelligence Labn等と共同で進めているプロジェクト“Exhibit 3.0”に対して、米国議会図書館(LC)から65万ドルの支援を受けると発表しました。“Exhibit 3.0”とは、ウェブ上のデータの検索等を行うオープンソースソフトウェアである“Exhibit”のさらなる機能開発を目指す取り組みとのことで、その目的は、図書館や文化機関等、デジタルコンテンツを大量に扱う機関に対して、データマネジメントやナビゲーション等に役立つツールを提供することにあるようです。“Exhibit 3.0”により、LCや全米デジタル情報基盤整備・保存プログラム(NDIIPP)が生み出すような巨大なデータコレクションの管理も容易になるとのことです。

Exhibit 3.0
http://www.simile-widgets.org/exhibit3/

Library of Congress Grant Awarded to MIT Libraries to Fund Work on Enhanced Open Access Tool, Exhibit 3.0 (2011/1/14付け MIT Librariesのプレスリリース)
http://www.simile-widgets.org/exhibit3/Exhibit3%20press%20release.pdf

MIT Libraries Awarded $650,000 grant from the Library of Congress for Exhibit 3.0 Project (2011/1/25付け Digital Koansの記事)
http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2011/01/25/mit-libraries-awarded-650000-grant-from-the-library-of-congress-for-exhibit-3-0-project/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+DigitalKoans+%28DigitalKoans%29&utm_content=Goo...