投稿料が学術雑誌のオープンアクセス化で果たす役割について調査した報告書が公開される(英国)

2010年12月3日付けの英国情報システム合同委員会(JISC)のニュースによると、JISCがKnowledge Exchangeに委託して実施した研究の報告書“Submission fees -- A tool in the transition to Open Access?”が公開されているようです。これは、学術雑誌への投稿料(Submission fees)がオープンアクセスジャーナルのビジネスモデルにとって果たす役割について調査したもので、その結果、特に論文がリジェクトされる比率の高い雑誌にとっては、投稿料の制度は出版社に利益をもたらすこと等が明らかになったようです。

Submission Fees - A tool in the transition to open access? Summary of report to Knowledge Exchange
http://knowledge-exchange.info/Admin/Public/DWSDownload.aspx?File=%2fFiles%2fFiler%2fdownloads%2fOpen+Access%2fKE_Submission_fees_Short_Report_2010-11-25.pdf

Report on Submission fees
http://knowledge-exchange.info/Default.aspx?ID=413

Submission fees -- a viable business model for Open Access publishing? (2010/12/3付け JISCのニュース)
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2010/12/submissions.aspx

Submission fees possible instrument in transition to Open Access (2010/12/3付け Knowledge Exchangeのニュース)
http://knowledge-exchange.info/Default.aspx?ID=62&M=News&NewsID=105