電子ジャーナル契約料問題で対立していたNatureとカリフォルニア大、協議を開始

電子ジャーナルの契約料の引き上げをめぐって対立していたNature Publishing Group(NPG)とカリフォルニア大が、2010年8月17日に話し合いを行ったとのことです。8月25日付けの連名の声明文によると、17日の話し合いは前向きなもので、今後も短期的・長期的な課題について協議を続けていくことで合意したとのことです。

Nature Publishing Group and the University of California make nice (2010/8/25付けNature.comのブログの記事)
http://blogs.nature.com/news/thegreatbeyond/2010/08/nature_and_california_make_nic_1.html

Representatives of Nature Publishing Group and U. of California Have “Positive” Meeting,” Agree to Work Together, and Make Public Statement(2010/8/25付けResourceshelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2010/08/25/representatives-of-nature-publishing-group-and-u-of-california-have-positive-meeting-agree-to-work-together-and-make-public-statement/

参考:
E1061 - 電子ジャーナル契約料を巡りカリフォルニア大とNatureが火花
http://current.ndl.go.jp/e1061