OCLC、図書館相互貸借の環境への影響に関するレポートを公表

OCLCが、図書館相互貸借(ILL)業務が及ぼす環境への影響に関するレポート“Greening Interlibrary Loan Practices”を公表しています。ILL業務において、温室効果ガスの排出などにより環境に影響を与える主なものとして、梱包、輸送、紙の使用が挙げられています。温室効果ガスの排出量を減らすために、梱包材の再利用が効果的であるほか、梱包材にできるだけ小さなものを選ぶことや、できるだけ近くの所蔵館から貸借すること、空輸よりも陸運を使うことなどが推奨されています。

New Report, "Greening Interlibrary Loan Practices"(OCLCのニュースリリース)
http://www.oclc.org/research/news/2010-05-17.htm

Greening Interlibrary Loan Practices
http://www.oclc.org/research/publications/library/2010/2010-07.pdf