英国政府、公共図書館の将来についての諮問文書を公表

英国の文化・メディア・スポーツ省は、2009年12月1日に、公共図書館の将来に関する諮問文書“Empower, Inform, Enrich - The modernisation review of public libraries”を公表しています。諮問文書には、Hodge文化大臣や英国図書館のBrindley館長を始めとする30名の識者の小論、「全ての図書館は共通の目標をもつべきか」などの23の質問、英国各地の図書館のケーススタディなどが掲載されています。この文書についての意見募集が2010年1月26日まで行われ、2010年春に、公共図書館に関する政府のビジョンが示されるとのことです。

Empower, Inform, Enrich - The modernisation review of public libraries: A consultation
http://www.culture.gov.uk/reference_library/consultations/6488.aspx

(諮問文書)
http://www.culture.gov.uk/images/consultations/LibrariesReview_consultation.pdf

Libraries 'must modernise' to secure future(2009/12/1付けBBC Newsの記事)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/8388352.stm

Public libraries: DCMS review – go get it!(2009/12/1付けLibrary and Information Update blogの記事)
http://communities.cilip.org.uk/blogs/update/archive/2009/12/01/public-libraries-dcms-review-go-get-it.aspx

参考:
E982 - 公共図書館の役割を再確認するためのガイドライン(英国)
http://current.ndl.go.jp/e982