IMLSの「全米博物館・図書館サービスメダル」2009年の受賞館発表

優れたサービスを提供する米国の博物館・図書館に、米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)が授与する「全米博物館・図書館サービスメダル」の2009年の受賞館が発表されました。図書館部門の受賞館5館と主な活動内容の概要は下記のとおりです。

・ロサンゼルスの点字協会図書館サービス(Braille Institute Library Services, Los Angeles, CA)
読書クラブや夏休み期間の読書プログラムなどのアウトリーチ活動、音声・点字・デジタル資料のワンストップ提供

・ゲイル・ボーデン公共図書館(Gail Borden Public Library, Elgin, IL)
子ども向けの図書館登録プログラムや外国生まれの住人との交流などの活動

・マルトノマ郡図書館(Multnomah County Library, Portland, OR)
移民向けや子ども向けの様々なプログラム

・プリツカー軍事図書館(Pritzker Military Library, Chicago, IL)
基地外にあり無料で公開されている唯一の軍事に関する図書館として、米国兵の活動についての物語を広める活動

・スターク郡地区図書館(Stark County District Library, Canton, OH)
親子を対象とする早期識字活動、子ども向けの芸術プログラム、就職支援活動などの様々な活動

Five Museums and Five Libraries to Receive Nation’s Highest Honor
http://www.imls.gov/news/2009/100609.shtm

USA: Five Museums and Five Libraries to Receive Nation’s Highest Honor(2009/10/6付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/10/06/usa-five-museums-and-five-libraries-to-receive-nation%E2%80%99s-highest-honor/

参考:
CA1669 - Library of the Year -良い図書館を良いと言う- / 田村俊作
http://current.ndl.go.jp/ca1669

2007年IMLS全国賞受賞館が決定
http://current.ndl.go.jp/node/7136

Youtubeを使ってビデオコンテストを開催(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/5216