「d-labo」シリーズ対談第3回:「言語とはなにか― 書く、伝える、遺す」長尾真氏×円城塔氏(東京・10月)

情報工学者である長尾真・国立国会図書館長のシリーズ対談「図書館は視えなくなるか?―データベースからアーキテクチャへ」の第3回が、2009年10月1日(木)にスルガ銀行の「d-labo」(東京)で開催されます。今回は、「言語とは何か」をテーマに書き続ける作家・円城塔氏との、言語を巡るトークセッションとのことです。

セミナーd-log.030_320 09/10/01 長尾真氏・円城塔氏言語とはなにか― 書く、伝える、遺す
http://www.d-labo-midtown.com/d-log-detail.php?id=172

参考:
E929 - これからの電子図書館,著作権,著作の在り方とは?<報告>
http://current.ndl.go.jp/e929

「図書館は視えなくなるか?」-国立国会図書館長=情報工学者・長尾真のシリーズ対談
http://current.ndl.go.jp/node/11558