ALA・ARLなどによる、Googleブック検索についての解説資料の第2弾が公表

Googleブック検索の和解案について図書館向けに解説した“A GUIDE FOR THE PERPLEXED”の第2弾として、Google社とミシガン大学との新しい契約について解説した資料が、北米研究図書館協会(ARL)のウェブサイトに掲載されています。著者は、全米図書館協会(ALA)やARL等のコンサルタントをしている弁護士のJonathan Band氏とのことです。

Library Associations Release Guide to Google Book Search Amended Agreement(ARLのPress Releases & Announcements)
http://www.arl.org/news/pr/perplexed-part2-17june09.shtml

After Michigan Amendments to Google Deal, Library Groups Issue Updated “Guide for the Perplexed”-- Library Journal, 6/17/2009
http://www.libraryjournal.com/article/CA6665966.html

A GUIDE FOR THE PERPLEXED PART II:THE AMENDED GOOGLE-MICHIGAN AGREEMENT(7ページ)
http://www.arl.org/bm~doc/google-michigan-12jun09.pdf

A GUIDE FOR THE PERPLEXED:LIBRARIES AND THE GOOGLE LIBRARY PROJECT SETTLEMENT(23ページ)
http://www.arl.org/bm~doc/google-settlement-13nov08.pdf

参考:
ARLとALA、Google Book Search合意を図書館向けに解説した資料を公開
http://current.ndl.go.jp/node/9366

E933 - ミシガン大,Googleとの資料デジタル化に関する協力体制を拡大
http://current.ndl.go.jp/e933