学術会議中の参加者のTwitterの使い方

参加できなかった同僚との情報共有のために、また参加者の“裏チャンネル”として、学術会議でTwitterを活用する研究者が増え始めているということです。先日オーストリアで開催された“EduMedia Conference”において、「学術会議中の参加者のTwitterの使い方」に関する調査の報告が行われ、ドラフトが公開されています。

How People Are Using Twitter During Conferences
http://lamp.tu-graz.ac.at/~i203/ebner/publication/09_edumedia.pdf

EduMedia Conference 2009のプログラム
http://edumedia.salzburgresearch.at/index.php?option=com_content&task=view&id=196&Itemid=175

Paper Highlights Pros and Cons of Twittering at Academic Conferences
- Wired Campus 2009/5/26付けの記事
http://chronicle.com/wiredcampus/article/3786/paper-highlights-pros-and-cons-of-twittering-at-academic-conferences

参考:
E888(No.144)米国を中心に“Twitter”を活用する図書館増加中
http://current.ndl.go.jp/e888