JISC、報告書「Web 2.0の世界における高等教育」を刊行

英国情報システム合同委員会(JISC)が、2009年3月付けの報告書「Web 2.0の世界における高等教育(Higher Education in a Web 2.0 World)」を刊行しています。これは、現在の学習者たちが新しい技術、とりわけ、Web 2.0のツールをどの程度、どのように利用しているのか、高等教育にどのような期待を抱いているのか、高等教育の中で実際にWeb 2.0技術がどのように使われているのか、を調査したものです。この中では、デジタルデバイドの解消と(学習者およびスタッフの)情報リテラシーの習得・維持が、取り組むべき喫緊の、根本的な問題であるとされています。

Higher Education in a Web 2.0 World
http://www.jisc.ac.uk/media/documents/publications/heweb20rptv1.pdf

Higher Education in a Web 2.0 World : JISC
http://www.jisc.ac.uk/publications/documents/heweb2.aspx

Time to get with the program?
A report says universities' use of virtual technologies is 'patchy'. But that may not always be a bad thing - guardian.co.uk
http://www.guardian.co.uk/education/2009/may/12/computer-science-it
(※Guardian紙による紹介記事)

12/May 2009付けUKOLN | Newsfeedの記事
http://www.ukoln.ac.uk/news/get/2009/05/12/jisc-publishes-higher-education-in-a-web-20-world/

参考:
E745 - 研究図書館の未来を考えるために-「Google世代」は真実か?
http://current.ndl.go.jp/e745