UKSG、2009年次大会の講演資料を公開

英国逐次刊行物グループ(UK Serials Group: UKSG)が4月に開催した年次大会"32nd UKSG Annual Conference and Exhibition"の講演資料やレビューが公開されています。

学術情報・電子ジャーナル(Big Deal、CrossCheck、長期保存など)やオープンアクセスの動向のほか、UKSGや英国の各組織が取り組んでいるプロジェクト(Usage Factor、Transfer、KBART、UKRR、I2 (Institutional Identifiers)など)の進捗状況、電子ブックについての動向(National E-books Observatory)、電子リソース管理についての動向(UK Access Management Federation、ERMS、COUNTER、Open APIs、OPAC 2.0など)と多彩な話題が取り上げられています。

32nd UKSG Annual Conference and Exhibition: Torquay
http://www.uksg.org/event/conference09

LiveSerials
http://liveserials.blogspot.com/search/label/uksg09

UKSG Conference plenary sessions
http://www.ringgold.com/UKSG/si_pd.cfm?AC=8721&Pid=10&Zid=4501&issueno=193

参考:
UKSG、2008年次会議の講演資料を公開
http://current.ndl.go.jp/node/7832
出版社を移る電子ジャーナルの取り扱いに関する実務指針に20社が署名
http://current.ndl.go.jp/node/12307
電子リソースへの全国的なシングルサインオン環境整備進む(英国)
http://current.ndl.go.jp/node/8637