千葉大学附属図書館、2009年度授業資料ナビゲータ(PathFinder)を公開

千葉大学附属図書館が、2009年度授業資料ナビゲータ(PathFinder)を作成し、公開しています。

教員と図書館との協働作業として、教養コア科目の授業で学ぶ内容の基本的な知識が得られる情報源やキーワードをコンパクトにまとめたリスト(=パスファインダー)を提供しています。

OPACやデータベースへのリンクのほか、教員の論文については同大のリポジトリ"CURATOR"へのリンクも提供されています。

授業資料ナビゲータ(PathFinder)公開
http://www.ll.chiba-u.ac.jp/~news/modules/news/index.php?page=article&storyid=173

2009年度 授業資料ナビゲータ(PathFinder)一覧
http://www.ll.chiba-u.ac.jp/pathfinder/

授業資料ナビゲータ(PathFinder)の作成と活用
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/literacy/h20/txt4.pdf
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/literacy/h20/curritxt.html

参考:
鈴木宏子, 武内八重子, 中村澄子. 図書館による学習支援と教員との連携 - 千葉大学におけるパスファインダー作成の実践から. 大学図書館研究. (83), 2008.
金山亮子, 武内八重子. 日本におけるリエゾン・ライブラリアン : 千葉大学附属図書館の挑戦. 専門図書館. (222), 2007.
http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00040688