DVDなど光ディスクの寿命を推定する試験始まる(日本)

光ディスクの普及推進を行う任意団体「CDs21ソリューションズ」が、
NPO法人「アーカイヴディスク テストセンター(ADTC)」を設立し、「光ディスク寿命推定試験法」(ISO/IEC10995)の運用を4月より開始すると発表しています。

DVD±Rなど光ディスクのデータの長期保存の信頼性を推定する試験を行い、所定の結果(最低30年以上の寿命)が得られた製品には認定マークを付与するなどの活動を行うとのことです。

CDs21ソリュ-ションズ
ISO“光ディスク寿命推定試験法”の運用開始!
― NPO法人アーカイヴ ディスク テスト センター稼動開始! ―
http://www.cds21solutions.org/jp/whatsnew/data/iso20090305.pdf

CDs21ソリューションズ
http://www.cds21solutions.org/

DVD±Rディスク寿命に関する認定マークを導入 -寿命30年以上の製品にマークを発行。CDs21発表 - AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090306_43205.html
光ディスクの信頼性を認定する、国際規格に基づいた認定マークが誕生 - Phile-web
http://www.phileweb.com/news/d-av/200903/06/23179.html

参考:
CD/DVDの寿命を測定するLCプロジェクトが始まる
http://current.ndl.go.jp/node/9629
No.6 パッケージ系電子出版物の長期的な再生可能性について
http://current.ndl.go.jp/report/no6