ALA、図書館への資金提供拡大に向けたマスメディア戦略を展開

米国図書館協会(ALA)が、経済危機下における図書館の意義・役割を訴え、図書館への資金提供への理解を求めるべく、マスメディア戦略を活発に行っています。証券業界の自主規制機関である金融取引業規制機構(FINRA)の投資家教育財団による、偏りのない金融教育リソースを提供する図書館への助成事業“Smart Investing @ your library”が、米国の公共ラジオ局(NPR)の経済番組で取り上げられたほか、テレビ局・新聞社の経済ニュース等でも「経済危機下の図書館」に関するニュースが多く発信されています。これらのマスメディア戦略は主に、ALA公共情報局(PIO)が担っています。

ALA | Need accurate and free financial information? Ask a librarian
http://www.ala.org/ala/newspresscenter/news/pressreleases2009/march2009/piofinranpr.cfm

What's New At The Library? Financial Advice : NPR
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=101268021

ALA | FINRA Investor Education Foundation and the American Library Association Announce Nearly $882,000 in Grants to Public Libraries to Support Grassroots Financial Literacy
http://www.ala.org/ala/newspresscenter/news/pressreleases2009/january2009/finra.cfm
(FINRA投資家教育財団による助成に関するプレスリリース)

参考:
公共図書館での投資家教育プログラムに助成(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/5656
(※上記記事中のNASDはFINRAの前身にあたります)