2008年8月以降、図書館の利用増を紹介したニュース報道が400件を突破(米国)

経済危機の中、図書館の利用が増えているという報道が米国、英国で続いていますが、米国では2008年8月からのニュース報道(雑誌、新聞、ウェブ)が400件を突破したと、米国図書館協会(ALA)が発表しています。あわせて、最近のニュースのいくつかと、ALAが作成したアドヴォカシー・ツールキットが紹介されています。

ALA | Washington Post: Business brisk at area libraries
http://www.ala.org/ala/newspresscenter/news/pressreleases2009/february2009/piowashingtonpost.cfm

参考:
E882 - 2008年の米国図書館界10大ニュース
http://current.ndl.go.jp/e882
経済危機を受け、英国でも図書館利用が急増
http://current.ndl.go.jp/node/11727
厳しい経済状況の中で図書館の価値を訴えるアドヴォカシー・ツールキット(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/11709